保育園での集団生活の中で学ぶこと


今まで、可愛がってくれる家族と一緒に自宅で自由に過ごしてきた子供にとって、保育園は全く異なる場所になります。
大好きなママがいない、同じくらいの年齢の子が沢山いる、大人は基本的に先生だけ、時間やルールがある……。
そんな保育園は、子供が社会で生きていく為に協調性を身につける最初の場所です。

集団生活の中では、いくら子供とは言え自分勝手な行動やワガママは通りません。
ですから、最初のうちはストレスを感じる事もあるでしょう。
しかし、子供は適応能力が高いです。
早い時期から保育園に通っていれば、自然にそれが「当たり前」になっていきます。
先生のフォローもあり、我慢しなければならない事ややってはいけない事なども学んでいきます。
自分より小さい子がいたら優しくする事や、オモチャの貸し借り、並んで順番を待つ事などは良く理解してくれるでしょうし、集団生活ならではと言えますね。

また、集団生活により競争心が芽生えたり、マネする事も覚えます。
その事によって、例えばごはんの食べ方が上手になったり、今まで食べられなかった物を食べられるようになったり、オムツが外れたりといった様々な可能性が期待できます。

このように保育園での生活は、自宅だけの生活では学べないいろんな事を学んだり、様々な可能性を期待できるんですね。

Copyright(c) 2013 保育園の入園準備【手続き・必要な物・ママの服装など】 All Rights Reserved.